バルトレックスで早く治療

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑えるお薬として知られていて、単純疱疹や帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスなどの病気に用いられます。
バルトレックスはもともとヘルペスウイルスの増殖を抑える薬であるため、ウイルスがまだ少ない初期症状の頃に使用されるとより効果的であるとも言われています。
このように初期的な治療を行うことで病状の悪化を抑えることができ、治癒もはやまることにつながります。
このお薬の特徴はアシクロビルの前駆的な形態をとっているプロドラッグであることです。
これは体内でアシクロビルという抗ウイルス作用型に変換されることで効果を発揮することになります。
吸収効率もよく一日1~3回の服用で十分です。
このお薬を使う際に、高齢者や腎機能の悪い方は薬の排泄が遅れることから注意が必要です。
また、投薬間隔の延長など慎重に処方されるべきかと考えます。
薬と食べ合わせではさほど問題視されていませんが、他の薬との組み合わせから副作用がでる場合もあります。
早期的な服用が功を奏することもありますが、5~7日程度の服用で少しも改善されていないようでしたら医師への相談も必要だと考えられます。
自己判断で服薬を中断されると、治りが遅れたり、再燃することもありますので注意が必要です。
性器ヘルペスの再発抑制療法では、長期の予防措置としてコンドームの使用が推奨されています。
それ以外の特徴には、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染の発症抑制などもあげられています。
また、生活環境の中で精神変調や意識障害をきたすこともありますので、車の運転や危険な機械の操作、高所での作業などには注意が必要です。
このお薬の副作用の報告は少ない方ですが、いくつかあります。
めまいや眠気、頭痛などが主にあげられます。
他には下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状があげられています。
これも薬量過剰となった場合、意識障害や精神変調もおこってくるようです。
中でも特に腎機能低下している方や高齢者で著名にみられるとされています。
万が一、重い症状がでた際には、近隣の医療機関での受診をおすすめします。
重い副作用として、報告されているものの中には、アナフィラキシーショック症状をはじめ出血傾向などがあります。
また、だるさや吐き気、尿の濁りや呼吸抑制からの息苦しさ、食欲不振、かゆみなどもあります。
最後にこのバルトレックスというお薬は基本的には人のDNAポリメラーゼは阻害しませんが、ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼは特異的に阻害するといわれていますので安心してお使いください。

■バルトレックスならこのサイトで購入
帯状疱疹の治療ならバルトレックス